本気で悩むあなたのためのとってもお得な定期お届けプラン!!「薬用アクレケア」


ニキビの後遺症として、非常に困るのが、いわゆる「ニキビ痕」といわれるものですね。
ニキビが、治ったって思ったら、その痕が残ってしまって、どうしようっていうことで、悩みが一つ消えたら、新たにさらに深刻な悩みが待ってたっていう、泣きっ面に蜂的つらさがあります。
実際のところ、ニキビは、数週間で消えたけど、もしかすると何年も残ってしまったり、深刻だと一生のニキビ痕として残ってしまうケースもあるんだそうです。
ニキビだからと侮ってはいけないということなんですね。

でも、すでにニキビ痕が、残ってしまってるっていう場合には、どうしたらいいのでしょうか?
そのニキビ痕の具合によって、対応の仕方が違うんだそうです。
赤みのニキビ痕が残ってしまった場合には、皮膚の内側で炎症したときの傷のようなものが、表面から見えている状態なんだそうです。
茶色くシミみたいに痕が残っている場合には、炎症の影響で、色素沈着が残ってしまったんだそうです。
一番、やっかいなのが、凸凹のニキビ痕が残ってしまった場合ですね。これは炎症を起こした時に、その影響が、皮膚の下層の真皮にまで到達してしまって、組織が破壊されてしまい、元に戻りたくても、物理的に戻れない状態なんだそうです。


こちら⇒パルクレール美容液


赤みの痕が残ってしまった場合と、色素沈着の痕が残ってしまった場合は、数年すると、少しずつ色が、薄くなっていくので、一生付き合わないといけないものでもないんだそうです。
そうはいっても、一刻も早く、消えてほしいって思うものですね。
そんな時には、ビタミンC誘導体配合の化粧水を使うことで、より早くニキビ痕の色が薄くなってくれることが、期待できるんだそうです。
また、ちょっと残り方が濃いかなっていうときには、やはりクリニックとか皮膚科医とかに行って、ピーリングとかをしてもらうと、より効果的に色が薄くなる可能性が高いんだそうです。
市販のピーリングとかもあるので、そういったものを使うこともいいんだそうです。ただ、ピーリングは、酸を使って、皮膚の表面のか角質を溶かす作用で、新陳代謝を促すことなので、慣れるまでは、赤くなったり、ひりひりしたりすることがあるようなので、よく取説とかを読んで、確認してから使うようにしましょう。
肌がこういった酸の刺激になれれば、そのあとは、こういった刺激も感じなくなり、一回りも二回りもお肌が明るくなることが、期待できるんだそうです。

最後に凸凹が残ってしまった場合には、皮膚科医の先生に相談をしましょう。
最近の技術は、どんどん進化しているので、思ったよりも目立たなくなる可能性が、あるんだそうです。
また、お医者さんに行くほどでもないっていう場合には、市販品でもいいものが、販売されているので、そういった商品を使ってみるのも、いいと思います。


こちら⇒アクレケア
このエントリーをはてなブックマークに追加
カテゴリ一覧
最新の記事
人気の記事